トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< 5月5日こどもの日 | 交流日記トップ | 5月7日『フラワームーン』 >>

『警告:監視社会の始まり』NHKETV 【パンデミックが変える世界・ユヴァル・ノア・ハラリ】

NHKETV特集「緊急対談 パンデミックが変える世界 ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」は、今、世界中が『コロナ』で多くの難問を突き付けられている中、「今後、私たちの生き方をどう考えたらよいか」について示唆に富んだ問題提起を投げかけた。

「緊急対談 パンデミックが変える世界 ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」はパンデミックのただ中で今、何を考えるべきか。イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリからの警告だった。今回はこの反響にお答えし、1時間に及んだハラリ氏へのインタビューのほぼ全体をお送りする。世界が注目する知性からの多岐にわたる現状分析と警告。そしてあるべき未来を手にするための渾(こん)身のメッセージ(NHK)

番組でハラリ氏は「今のコロナパンデミックは世界中の監視社会を変える分水嶺」と投げかける。

まさにコロナが「監視社会として」私たちを脅かし始めているのは武井誠さんのデイリーレポート2020.05.06 Wednesday「子どもの声を聴いてほしい 子どもの身にもなってほしい」の中で紹介されている。(http://takei-diary.sakado-gr.org/?day=20200506

『私に複数の方から直接寄せられた声でもあります。

国家が根拠乏しい外出自粛の旗を振る鬱積した大人が権力を笠に着て公園で遊ぶ子どもを通報する→役所が公園の遊具に使用禁止テープを張る→子どもは行き場をなくし元気を失う。すべてのしわ寄せは子どもへ。実に子どもを大切にしない世の中だ。彼らが守りたいのは子どもなの?本当に自粛すべきは誰?』

また、コロナ感染した人の情報がSNSなどに拡散されバッシングを受け、引越しを余儀なくされた人もまさに1億総監視社会再来の被害者といえる。ハラリ氏は「政府は国民を追跡したい。それにはスマホの情報を利用して管理」。まさにコロナパンデミックはかつての隣組監視社会の始まりといえるのかも。恐ろしい展開となってきた。

(NHKETV特集緊急対談 パンデミックが変える世界 ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」をご覧になっていない方は再放送又はアーカイブで是非ご覧ください)

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.