トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< あの岩田健太郎医師が「ロックダウンと言い続けた理由」 AERA〉より要約 | 交流日記トップ | あの岩田健太郎医師が「ロックダウンと言い続けた理由」〈AERA〉より要約 >>

あの岩田健太郎医師が「ロックダウンと言い続けた理由」◆AERA〉より要約

なぜ外出を規制する必要があるのかをご説明します。感染症は細菌やウイルスなどの微生物が、体の中に入って病気を起こします。そして、その微生物が他の人に感染することで病気が広がっていきます。つまり、感染症には必ず感染経路が、すなわち「道」があるわけです。道がない感染症は存在しません。
コロナは、感染者のくしゃみや咳で飛んでいく飛沫が「道」に当たります。飛沫が飛ぶ距離は約2m。それを吸い込むことで、感染します。もう一つの経路は「接触」です。どこかに付着した飛沫を手で触り、そのウイルスがついた手指が口や鼻などの粘膜に触れることで感染します。
つまり、その二つの感染経路を遮断すれば、コロナには感染しません。ただそれを遮断するのが難しい。皆さんがつけているマスクは、自分の咳の飛沫の飛散を防ぐ効果はありますが、残念なことに、横や下の隙間から、空気中の微細な飛沫が入り込んでしまう。感染ブロックにはあまり役に立たないのが現実です。「布マスク」が流行語のようになっているそうですけど、綿の繊維は隙間だらけなので、ウイルスをブロックできません。
マスクとともに、感染拡大を防ぐためによく言われる「ソーシャル・ディスタンシング」は、他人と2mの間隔を空けることで飛沫を浴びないようにするという対処法です。東京都が求めている「3密を避ける」というのも、飛沫の曝露を防ぐことが目的です。しかし、現実的にソーシャル・ディスタンスを保って生活するのは困難です。電車やバスに乗れば周囲に人がたくさんいますし、街を歩いていても2mの距離を常に保つのは難しい。

そこで各国で行われているのがロックダウンです。家から外に出ず、人に会わなければ、原理的にウイルスに感染することも、他人に感染させることも絶対起こりません。
新型コロナには現在、治療法もワクチンもない。対処法が存在しないので、感染しないことが一番なんです。そのためにはロックダウンのような制限を加えるしかない。東京の感染者は3人、17人、40人、97人……と日を追うごとに指数関数的に増えています。この増え方が危ない。ニューヨークもイタリアも当初は今の東京と同じような増え方でした。ですが、すぐに1日で1千人、2千人と患者が増えて、制御できなくなりました。(太字きままや)

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.