トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< 『新型コロナのこと』ビオゲミューズの会代表村岡先生より | 交流日記トップ | あの岩田健太郎医師が「ロックダウンと言い続けた理由」◆AERA〉より要約 >>

あの岩田健太郎医師が「ロックダウンと言い続けた理由」 AERA〉より要約

岩田健太郎教授(神戸大学病院感染症内科)クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内の感染対策をYouTubeで配信したことがきっかけで、新型コロナウイルスに対しての世間の目と意識は大きく変わった。その後もツイッターなどのSNSを通じて、あえて「ロックダウン」の言葉を用いて喫緊の規制を求めてきた。
ロックダウンには二つの意味があると、私は考えています。一つはエリアの内外の出入りを原則禁ずること。もう一つは、中にいる人が外に出ないことで、「ステイ・ホーム」のことです。その二つが骨子になります。ただし、運用にあたっては濃淡があります。いまイギリス、アメリカ、スペインなど、ロックダウンしているたくさんの国がありますが、その内容についてはさまざまです。食料品を買うのは全面OKな国もあれば、外出に時間制限を設けている国もあります。最近イタリアでは、子どもたちが外出するのを認めました。フランスのパリでは散歩もOKにしています(その後この方針を転換したとの報道もあり。4月8日時点)。鉄道やバスも完全にストップするのではなく、警察官や救急隊員医療従事者は通勤できるようにするなど、運用の仕方はさまざまです。(太字きままや)

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.