トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< ダイアモンドプリンス号ひどい内情を暴露「皆さんに知ってほしい」情報ドットコム | 交流日記トップ | 鴻巣ひな祭り・めぐみさんより >>

どうする?コロナ感染対策【奥平式クローブ水】・メグミさんよりの情報

(川越市・山口病院奥平智弘副院長のブログからご紹介)

500mlのペットボトルに、乾燥したクローブ3つほど入れて、にがりを数滴垂らして、こまめにちびちび飲みます。毎年、インフルエンザが流行する時期にはこのようなクローブ水を作って外来をやっています。抗菌力をさらに高めたいときは、釘(くぎ)の形をしたクローブを30秒程直接口にいれるのもOK。口の中に入れる時間が長すぎたり、噛むと舌がしびれてきます。昔から、口臭予防に使われていました。

 無料イラスト クローブ に対する画像結果無料イラスト にがり に対する画像結果

夏などは、直接、口をつけたペットボトルには、なるべくクローブを1つ入れるようにしています。その方が衛生的だからです。

にがりは、主にマグネシウムを中心としたミネラル補給です。マグネシウムは、様々な酵素を支え、筋肉を緩めたり、免疫力にも関係します。栄養に関しては、亜鉛やビタミンD・Cなど、この時期はしっかり補給して免疫力を高めておいた方がいいでしょう。

クローブの味としては、オレンジやレモンなどの柑橘系やシナモンとの相性が抜群。精油はアロマテラピーでも使われていますね。肉の臭みを消したり、カレーなどに良く使われます。適量摂取すると、胃腸を整えたり、食欲を増進させたりする効果もあります。これに、シナモンやオレンジの皮を添えると効果的です。弱い抗炎症作用や口腔内の痛みを緩和する作用も期待できます。クローブは、チョウジ(丁子)とも言います。昔から香辛料や生薬として使われています。クローブは「うつぬけ食事術」や「うつよけ」の書籍でも紹介しています。香辛料のコーナーに行くと、コショウの入れ物程度の大きさで、消費税込みで250円程度です。コスパは最高なので患者さんにおすすめしています。感染対策の一助になりますように

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.