トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< 日本の若者が気付けない自らの【貧困】海外に出ないその裏事情 倫雄さん | 交流日記トップ | 日本の若者が気付けない自らの【貧困】海外に出ないその裏事情 倫雄さん >>

日本の若者が気付けない自らの【貧困】海外に出ないその裏事情 倫雄さん

【日本の若者が気付けない自らの「貧困」。海外に出ないその裏事情】(ハフポスト日本版)lineニュースでこんな記事に出くわしました。

なぜ、日本企業の管理職の給与がシンガポールを下回ってしまったのか。
1つには為替の問題がある。
2020年1月時点で1シンガポールドル(Sドル)は約80円。その後リーマンショックで1Sドル=58円まで円高が進んだが、2015年2月には逆に円安となり、1Sドル=92円を付けた。為替レートだけを見ていると、2007年から13年たっても、ほぼ同水準にある。
ところが、この間、シンガポールは大きく成長を遂げた。2007年の名目GDP(国内総生産)は2727億Sドルだったものが、2019年には4980億Sドルになった。1.83倍である。
一方の日本はこの間、デフレに見舞われてほとんど成長せず、名目GDPは531兆円から557兆円に4.9%増えただけだ。にもかかわらず為替レートが変わっていないのだから、日本人にはシンガポールの物価が実態以上に高く見える。アベノミクスが始まって以降の“円安政策”によって、明らかに日本人は貧しくなっているのである。
しかし国内にいると、貧しくなっていることに、ほとんどの日本人は気が付かない。これがデフレの恐ろしいところだ。日本国外に出て生活してみなければ、自分たちの生活水準と海外諸国の水準を比べることはできない。
海外へ出かける日本人の数は2000万人を突破しそうだが、近年は日本を訪れる訪日客が急増2019年はこれを上回ったもようだ。経済のグローバル化と、世界的な観光ブームによって、国際旅客は大きく増えているが、それから比べると、日本から出国する日本人の伸びは大きいとは言えないだろう。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.