トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< 「暑かった夏、いかがお過ごしでしたか」きままや・de・トーク | 交流日記トップ | 美観を損なうブルーシート「仕方ないね」きままや >>

オモシロ・なるほどニュース『性別と色をめぐる概念Newsweekより』倫雄さん

*大学英語講師T・倫雄さんがNewsweekのオモシロ・なるほど記事を紹介

<男の子は青色、女の子はピンク色――性別と色をめぐる概念が出来上がったのは第二次大戦後のこと>

どうして女の子はピンク色の服、ピンク色のおもちゃで遊び、男の子は青色なんだろうという疑問が浮かび、写真家の尹丁美(ユン・ジョンミ)が14年間、韓国とアメリカに住む子供の部屋の写真を撮り続け、男の子は青色、女の子はピンク色を好む現象を観察してきた。驚いたことに、そうした性別と色をめぐる一般的な概念が出来上がったのは、第二次大戦後のこと

それ以前の世界では、(少なくともアメリカでは)ピンクはむしろマッチョを表すとの認識があったほど。だが現代化に伴い男女平等の意識が広まるとそれまでの性別と色の結び付きをあえて逆転させるかたちで男は青女はピンクという新たな概念が生まれた。

その概念が今でも続いているのには2つの理由がありそうだ。

ひとつは親の影響。テレビや映画などを通じて描かれる男らしさや女らしさの「ガイドライン」から自分の子供が外れないようにしたいという親心だろう。そして、その心理を助長するのが大量の広告によって促進される消費主義の拡大だ。国や文化や民族が違っても、性別と色の関係に同様の傾向が見られるのはグローバリゼーションの影響だとする尹は、色のイメージが固定化することを懸念する。「成長するにつれて好みの色には変化が出始めるが、それでも最初に植え付けられた色に対する概念は残るものだ

今度、チコちゃんじゃなくカラーの先生・満月まいさんに聞いてみよう

http://r.goope.jp/colormstation

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.