トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< ご案内『い・ろ・い・ろ』 | 交流日記トップ | 「コーヒーはからだにいいのか?」「いいんです」 >>

映画『ぼけますから、よろしくお願いします』 川越市鈴木浩さんより

ドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします』

6月22日(土)12時〜 場所:なかのZEROホール:1000円

いつものことですが、映画を観て感動すると皆様にお伝えしたいと思ってしまいます。この映画はドキュメンタリー作家信友直子監督が認知症の母を95歳の耳の遠い父が介護する日々を泣きながら撮った1200日撮影した作品です。

「邪魔になるから死にたい」と叫ぶ母と「感謝して暮らせ!」と怒る父。「どうしたん?お母さん」とカメラを回しながら言う娘のやさしさ。あるときは悲しく、ある時は愛おしく、互いに思いあう家族の姿。誰もがこの映画に登場する父や母そして娘の姿に自分自身を重ねて見てしまうのではないでしょうか。

「認知症にはなりたくない」「認知症になったらお終い」しかしこの映画を観ていると、認知症は必ずしも不幸ではない、何があっても寄り添いあう家族の姿。お互いを思いやる温かさと美しさが伝わってきます。

誰もいずれは高齢者です。認知症にならないと断言できる人はいません。今求められているのは、認知症になっても大丈夫な地域社会、「ぼけますから、よろしくお願いします」といえる世の中かもしれません。

この映画は認知症に対する私たちの認識を変えてくれるのではないかと思っています。ひとりでも多くの方に見て頂けましたら。

申込:鈴木浩さん(シグニス・ジヤパン)suzuki@kurashinoeizo.com

映画『ぼけますから、よろしくお願いします』http://www.bokemasu.com/

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.