トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。
<< 一件落着「なにかいいことあるよね子猫ちゃん」・結子さん | 交流日記トップ | 今年も飾りました『クリスマスグッズ』 >>

次回「第25回楽しい憲法講座」のご案内・松本先生より

第25回楽しいきままや憲法講座の次回ご案内

  テーマ  「憲法改正」   
  日 時  11月19日 月曜日 午後1時半〜
  参加費  500円(茶菓付)
  講 師  松本義之 先生(日本教育法学会会員)

           どうぞお誘いあわせでのご参加お待ちしてます。

     ノート 男 

松本先生より

さて、11月の憲法講座第25回は「憲法改正」です。
「三分の一の国会議員が反対したら、憲法改正の発議が出来ないというのはおかしい」
「国会議員の過半数の賛成で憲法改正の発議が出来るようにしたい」と言う首相発言がありました。
もっと容易に憲法改正が出来るようにしたいというのです。
日本の手続きは特異なものなのでしょうか。
世界の国々の憲法改正手続きで検証したいと思います。

憲法改正の議論になると「外国は何度も憲法を改正しているのに日本だけ憲法を改正しないのはおかしい」
「アメリカでは〇回、ドイツでは〇回も憲法を改正しているのに日本は一度も改正していない、だから改正すべきだ」との主張がよく見られます。
その際、強調されるのは回数であり、中身について触れられることはありません。
アメリカやドイツの改正の中身は一体どのようなものなのでしょうか。
両国のような「改正」は日本に必要なのでしょうか。
改正項目を見ながら確認したいと思います。
また、国民投票法についても諸外国と比較しながらお話したいと思います。
それでは当日よろしくお願いします。
松本義之

アベ一派はあきらめることなく「憲法改正」を唱えています。何が問題かご一緒に学びませんか。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.