トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。

賛同のお願い「名護市辺野古の新基地建設工事を止めよう」インターネット署名

米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事を止めようと、沖縄県系4世のロバート梶原さん(32)=ハワイ在=がホワイトハウスの請願サイト「We the People」で始めたインターネット署名は、8日の開始から10日間で目標の過半数を一気に超え、10万超が集まっている。

日本のアーティストやタレント、作家ら著名人もツイッターなどで署名を呼び掛け、多くの賛同を得ている。

署名を呼び掛けるメッセージを再投稿(リツイート)したり、自身が署名したことを報告したりしている著名人は、県出身のタレント、りゅうちぇる、アジアン・カンフー・ジェネレーションのボーカル、後藤正文、Base Ball Bearの小出祐介、ミュージシャンの七尾旅人、ソウル・フラワー・ユニオン、音楽評論家の湯川れい子、タレントのラサール石井、東ちづる,うじきつよし、映画監督の塚本晋也、想田和弘、作家の平野啓一郎、盛田隆二、哲学研究者の内田樹、映画評論家の町山智浩、ジャーナリストの清水潔、津田大介、お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワー村本大輔

少なくとも県民投票がある来年2月24日まで、辺野古の工事を止めてほしいとトランプ米大統領宛てに送る。署名開始から30日以内(来年1月7日まで)に10万筆が集まれば、ホワイトハウスが請願内容を検討し、60日以内に何らかの返答が届く仕組み。

賛同される方は下記署名お願いします。

http://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

キョウコサンタさんからプレゼント「シクラメンとプリンセチア」

朝、店の前に素敵なシクラメンとプリンセチア(ポインセチアの新種)が置かれていました。

「玄関に花を置いてきました。いつもの花屋さんは夏の暑さで花がダメになるのでもう売ってないんです。代わりに・・。よいお年をお迎えください。お世話になりました」のメールが

早速テーブルに

左後方マクラメツリーもキョウコさん作品

キヨウコさん、いつも応援&お気遣いいただき有難うございます。感謝してます。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「憲法塾みなさんへ」まり子さんからXmasシュトレンプレゼント

17日きままや楽しい憲法塾ですが、今回残念ながらご都合で欠席のまり子さんから手作りのシュトレンが宅急便でプレゼント。

 

 右はメグさん手作りXmasハーバリウム

まり子さんからのシュトレン。皆さんとで明日頂きま〜す。今からでもご参加OKです。

真ん中緑の包みシュトレン。

お陰様できままやXmas飾りも年々賑やかに。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

前川喜平氏講演会「憲法と教育の未来」に参加・きままや

12月11日夜川越ウェスタで元文部事務次官前川喜平さんの「憲法と教育の未来」と題した講演会が開かれた。きままやでは世の流れが「改憲」に向かいつつあるのを危惧し、日本教育法学会会員の松本義之先生を講師にお願いし、『憲法塾』を開き丸3年続けてきたのでアベ政権と対峙されてきた前川さんがどのような「憲法論」をお持ちかと楽しみに参加してきた。

前川さんは教育の未来を「どうするか」ではなく「どうなるか」を心配しておられた。「今、日本の未来が変わる分かれ道」で「ひしひしと分岐点に来ている」。「憲法」と「教育」は表裏一体で「教育により憲法の理念が実現される」。2006年教育基本法改定は憲法改正の前段階だった。アベ政権になり一段と国家重視の方向に向かっている。現文部事務次官はまさにアベの意のまま人事との事。

ユーモアのある言葉の端はしの目線はマイノリティに注がれ、暖かなしかし気骨のあるお人がらが伝わってきた講演会だった。開催するに当たって、川越市やウェスタには右系(?)の人たちからクレーム抗議があったそうだが無事終えられ良かった。前川さんがめげずに今後も対権力に発言し続けて日本中講演活動を続けられるよう願います。

(講演内容については主催者のおひとり坂戸市議武井誠さんのブログをご覧ください)

    http://takei-diary.sakado-gr.org/

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

12月楽しい憲法講座のご案内・松本義之さんより

さて憲法講座12月のテーマは「2012年自民党『日本国憲法改正草案』」です。

改憲を党是とする政権党が憲法をどうとらえ、

人権に対してどのような考えを持っているか、

また、それは世界の民主主義の潮流に沿うものか否か、

「草案」を読みながら確かめてみたいと思います。  松本義之

木のボーダー

日 時:12月17日(月)13時半〜

参加費:500円(茶菓付き)

場 所:きままや

アベがあきらめない憲法改正。松本先生が分かり易く読み解いてくださいます。

ご参加お待ちしてます

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「松本義之先生の楽しいきままや憲法塾も4年目に」・きままや

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

がってん!「NHKテレビ体操のお姉さんの野暮レオタード」・遊子さん

毎朝6時25分からのNHKEテレのテレビ体操を10年以上続けているが、いつも疑問に思っているのは体操のお姉さんの服装(レオタードの色や柄)。天下のNHK「色も模様もナント野暮ったい」。もっとすっきりしたカラーのレオタードにしたらいいのにと思っていたが、カラーセラピストの満月まいさんの説で『ガッテン!』

「nhk体操のお姉...」の画像検索結果

「nhk体操のお姉...」の画像検索結果

「nhk体操のお姉...」の画像検索結果

満月まいさん説では『お年寄りや目の不自由な方でも、体の動きがよりハッキリ分かる色とデザインにしているのでは?』

なるほどなるほど。きっとそうに違いない。

ところで今の体操のお兄さんはきままやご近所「ポンテ」代表鈴木大輔さんです。

「nhk体操鈴木大...」の画像検索結果爽やか鈴木大輔先生

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

色覚シュミレーションアプリご紹介『こんな色に見えるんです』満月まいさん

「色の見え方」皆さんは同じに見えると思ってるでしょう?でもそれぞれ違います。例えば、目の病気を持っている方や高齢になると見え方が違うんです。そんな、自分と違う色覚を持つ人はどのように色が見えているのか「色の見え方をサポートおよびシュミレーション」をする無料アプリがあります。

 (無料アプリ)
きままやのウチワで色覚を比べてみました。左上が一般型です。いかがですか?

信号や広告なども色覚を考慮して作られているのです。

(満月まいさんはカラーコーディネーター&カラーセラピストでもいらっしやいます)

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

毎日新聞「仲畑流万能川柳」が面白い・きままや・de・トーク

毎日新聞掲載の川柳投稿欄「仲畑流万能川柳」、本日18句中4句が『片山さつき』特集+3句も関連句ご紹介

*モリカケを片山さつき忘れさせ(相模原 水野タケシ)さん

*片山氏3人分の大活躍    (北九州 貨車男)さん

*口利きの疑惑を隠す厚化粧  (箕面  のうめい)さん

*質問に正しく答えぬ片山さん (横浜  銀 蝿)さん

*またやった「あってはならぬ」も聞き飽きた(箕面 ツトム)さん

*ああ今年謝罪会見いくつ見た?(津  ちょちょ)さん

*答弁に窮する大臣人材難   (東京 宮田誠志)さん

「笑う イラスト ...」の画像検索結果

「ナンデ女性国会議員サン、派手派手衣装につけまつげまでした厚化粧?」

「あっ!?そうか。4K8K対応?」

「視聴者側は恥ずかしくて見ていられないのを知らないのかね」

「〇〇まるだし」(〇〇に入る語はバカ・アホ)

「チコちゃんも笑ってるよ」

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

クリスマスが近づくと懐かしい『大石信孝さん』

毎年、クリスマスが近づくと懐かしく思い出します。

2012年4月91歳で亡くなられた大石信孝さん
大石さんは、『高齢化』が切迫した問題となる30年ほど前、坂戸市民を中心に「このまちで安心して老いる会」を立ち上げ、長い間代表を務めて下さった。
そのころそれぞれ、まだ若かった会員に将来必ず訪れる「高齢化諸問題」を示唆され、「保健・医療・介護・住宅・食事等々」多岐にわたる問題を投げかけ、若者たちこそ高齢化問題に取り組むように厚生省などに『提言』をされたり、男性も厨房に入り、食生活を自分で管理しなくてはと、『男の料理教室』を保健所や公民館料理学校ベターホームに提案され実現化されたのも大石さんだった。
今、大石さんの先見の『ご心配』とおりの『高齢化問題』が日本中を不安に陥れている。

その大石さんが2009年きままやにプレゼントしてくださった句です。

ジングルベル🎶挿入はきままやブログ管理人Y・Tさん

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
このページは133ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.