トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。

「いよいよ春爛漫」メグさんより

都幾川のシバザクラがきれいでした。

物見山のツツジも

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

お変わりありませんか

ひと月お休みさせて頂きましたが19日金曜日より営業再開します。

皆様のおいでをお待ちしてます。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

きままや交流日記「暫くお休みします」

皆様の応援で続けられている「きままや」&「交流日記」1カ月ほどお休みします。

何か情報等ありましたら是非お寄せ下さい。ご紹介させて頂きます。

    撮影 メグさん

桜の便りも届き春爛漫もそろそろですが、今年は花粉症被害がひどいようです。

どうぞお大事になさってください。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「ミツコさん退院おめでとうございました」その2

きままやの話題は常に「健康問題」。皆様からの情報やお知恵に助けられている。

80歳過ぎてもシミ一つない頬はつややかなミツコさんが数年前、自転車から落ちて膝を痛めて以来、歩くのが不自由になられご主人の送迎付きでなくては外出がままならなくなった。

そんな折、80過ぎのY子さんが2年ほど前K病院で「膝」と「脊椎館狭窄症」で年に2度の大手術を受け大成功。数年来の痛みともサヨナラされ明るい日常生活に戻られた話が出た。それを参考に、50代のセツコさんが昔保育の仕事で痛めた「脊椎館狭窄症」で痛みと付き合いながらの生活を送っていたが、昨年思い切ってK病院で手術を受けた。痛みはなくなり、今、プール歩行や指導されたリハビリで頑張っておられる。その体験を聞きミツコさんも「K病院に相談してみよう」ということになったのだった。

「年齢と全身麻酔の問題」「入院生活による衰え」など多くの不安材料も浮かんできたが、ともかく手術を選択されたことはY子さんもセツコさんもミツコさんも「痛みと別離」され、外出する機会もふえ日常生活に明かりが灯られたのだ。

いつも楽しい可笑しな話題で笑いの絶えないきままやですが、貴重な話題もたっぷり。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「ミツコさん退院おめでとうございました」その1

1月初めにひざの手術で入院されていたミツコさん(80代)が今月13日退院された。1月手術後のリハビリまでは順調だったが3月、病院内でインフルエンザに罹り隔離され入院が長引いたとの事。ご主人「痛みで曲がった膝もまっすぐになり階段ものぼれるようになりました」。おめでとうございました。今後は週1のリハビリ通院。頑張って下さい。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

いち早く「北浅羽安行桜をどうぞ」・メグミさんより

y坂戸では早咲きの

北浅羽の安行寒桜がほころび始めました。

 

(写真はメグミさんより)

3月16日から24日まで桜まつり開催

http://www.city.sakado.lg.jp/soshiki/25/873.html

きままやではメグミさんこと満月まいさん作・素敵なハーバリウムを飾っています。

 

お世話になった方へのプレゼントにいかが?注文ご希望の方当店まで。

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

【自民党憲法改正草案】を読む(第3回)・松本先生の楽しい憲法塾

3月11日「松本先生の楽しい憲法塾」、自民党【日本国憲法改正草案】を読む〈3回目〉が開かれた。今回先生は、10枚のレジュメと16頁もの関連する現【日本国憲法】と自民党【改正草案】との対比資料を用意してくださった。9人の塾生さんたちは両資料をめくりながら先生の講義についていくのが必死。お互い「今、ここの箇所」と助け合い精神を発揮され乗り切り【改正草案】学習終了。

草案第九章緊急事態、第98条『緊急事態の宣言』内閣が『必要があると認めるとき』と極めてあいまいで恣意的に『宣言』が出せる。関連し《ナチス・ドイツの国家緊急権・全権委任法》を学ぶ。少数派だったヒトラーが短期間でどのようにして独裁政権を作りあげるのに成功したかを【草案】はまさにお手本にしていると納得。先生は「今後も折にふれ復習していきましょう」。

ドイツの牧師で反ナチの指導者でもあったマルティン・ニーメラーの「詩」を紹介。
彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義者ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから
彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった。
私はユダヤ人などではなかったから。
そして彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。
***
次回【楽しい憲法塾】は4月はお休みで5月開催します。詳細は後日ご案内
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「NHKから国民を守る党」ってご存知?・A子さん

先日テレビを買い替えたら早速NHKの徴収員が来て「受信料契約してください」って。「私NHK見ません」と言っても「年払いだと安くなる」とかなんとか言われつい面倒くさくなり契約しちゃった。ところがその後また来た徴収員「お宅のマンションは屋上にBSアンテナがあるので、NHKBSの受信料払うように」と。私、テレビ見ないのよね。特にNHKは。「BSなんて全く見ない」と押し問答して契約はしなかったけど。ところが、その後行った川越駅前で演説していたのが「NHKから国民を守る党」。こりゃ丁度いいと聞いていたら【撃退シール】くれたけど「この党なに?」

http://www.nhkkara.jp/seal.html

日本中受信料拒否の人いっぱいいるから選挙に立候補すると当選するかも?でも「平和憲法・原発・沖縄問題」等には言及してないよ。なんだか胡散臭いね。このやり方で当選した後のスタンスは勿論【右系】に?こんな票集めの策「お〜怖!」

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

お久しぶりの懐かしい友との話題も行きつく先は「アの話」

川越から千葉に越したA子さんが20年ぶりに川越に戻ったのを聞きH枝さんが、友人S子さんをお誘いしきままやに。3人は約30年以上前発足した『埼玉学校給食を考える会』のメンバー。学校給食から合成洗剤や臭素パンを追放し、安全食器導入に向け運動したお仲間。その後、大手S生協の人権に関わる理不尽さに疑問を投げかけ一大改革運動を提起したお仲間

H枝さん「A子さんが戻ってこられたって聞き是非おしゃべりしたいと」

A子さん「今月末から娘家族の引っ越しでシンガポールに半年間お手伝いに行くの」

H枝さん「だから急いで日程調整したの」

S子さん「懐かしいわね。しょっちゅう会っていなくても即、通じ合える」

H枝さん「ところで、川越市議選でセクハラ辞職市議が『ハメラレタ』って再出馬」

A子さん「市議選も国政も良識ある選挙したいけど、どうしたらいいのかな」

S子さん「まずは良識ある市民がきっちり見ていかないと」

A子さん「今、矢部宏冶の『知ってはいけない 隠された日本支配の構造  (講談社現代新書)』を読んでいるんだけど、 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのかもよく判ったわ。是非読んでみて」

H枝さん「憲法の上に日米地位協定などの密約があるんだものね」

S子さん「白井聡の『永続敗戦論』を読むとよく判る。絶望しないで声をあげなくちゃ」

A子さん・H枝さん「そうだね。でもどうしたら嘘つきまくりベ政権をを落とせるのかな」

S子さん「少しずつでも仲間が増えることを期待。今日は懐かしいみなさんとお話しできてしばらく元気でいられそう」

A子さん・H枝さん「私たちも」

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

第28回きままや楽しい憲法塾のご案内・松本先生より

きままや楽しい『憲法塾』は第26回・27回と続けて自民党【日本国憲法改正草案】を学びました。松本先生から、【日本国憲法】と対比しながらひとつひとつ、より深く【改正草案】文言の意味を解いて頂きました。時代錯誤改正草案】は【誰にとって有益なのかを理解。3月憲法塾次回も続けて【改正草案】第3弾です。皆様のご参加お待ちしてます

「イラスト 無料 ...」の画像検索結果

次回 第28回 松本義之先生の【楽しいきままや憲法塾】のご案内
     日 時  3月11日 月曜日 午後1時半〜
     参加費  500円(茶菓付)
     講 師  松本義之 先生(日本教育法学会会員)     

木のボーダー

松本義之先生より

さて、憲法塾第28回は再び「自民党日本国憲法改正草案」です。

基本的人権、統治機構(国会・内閣・裁判所・地方自治)、憲法改正、緊急事態条項などについてお話します。民主的憲法と言われたワイマール憲法下のドイツでヒトラーはナチス独裁を成立させました。それを支えたのは一体何だったのでしょうか。私たちは歴史から学ばなければいけません。では当日よろしくお願いします。 

この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
このページは137ページ中の1ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.