トップページへ戻る
営業日・ほか ご案内   喫茶メニュー   きままや交流日記   グループ紹介   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。

第14回楽しいきままや憲法講『新しい人権』・松本義之先生より

「松本先生の楽しい憲法講座」は8月当店の都合でお休みしましたが、
 9月は下記内容で開催します。
 涼しくなりました。学んで・笑ってみませんか。
 どうぞ皆様お誘いあわせでのご参加お待ちしてます。

        ノート 鉛筆          
第14回・きままや憲法講座塾『今こそ学ぼう・日本国憲法』     
     テーマ  「新しい人権」
     日 時  9月25日 月曜日 午後1時半〜
     参加費  500円(茶菓付)
     講 師  松本義之 先生(日本教育法学会会員) 

        学校 男

第14回憲法講座は「新しい人権」です。
「新しい人権」とは、憲法には明文化されてはいないけれど、
社会の状況の変化に応じて、新たに人権として主張されるようになってきたものです。

私たちの高校時代、教科書には記述がなかったものばかりです。
当日取り上げる新しい人権主張のきっかけとなった事件は、
皆さんの記憶にもあるのではないかと思います。

では当日よろしくお願いします。
 松本義之
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「11・25脱原発集会のご案内」脱原発をめざす女たちの会より

みなさま
脱原発をめざす女たちの会も結成6周年を迎えます。
福島原発事故から6年、自主避難者への住宅支援が打ち切られ、避難指定
区域の解除・帰村が進められていますが、原発事故は終わっていません。
刑事裁判、避難をめぐる問題をしっかり聞き、学び、共有し、脱原発を
めざしていきましょう。
「被災者には補償を!
 東電経営者には責任を!
 繰り返させない!原発事故 結成6周年集会」を開催します。
   ぜひご参加下さい。
日時 2017年11月25日(土)13時半開場 14時〜16時
会場 在日本韓国YMCA 地下1階(JR水道橋駅徒歩6分)
 おはなし
  ☆武藤類子さん(福島原発告訴団団長)
   「福島原発事故の責任を問う刑事裁判が始まった」
  ☆吉田千亜さん(フリーライター)
   「消されゆく被害ー避難者の貧困、除染打ち切りの福島」 
 参加費 1000円(当日受付でお支払い下さい)
 主催  脱原発をめざす女たちの会
  _颪裡硲个痢孱隠院Γ横機彌顕饋醜みフォーム」よりお申込み下さい。
  △泙燭蓮下記連絡先の電話・FAXで、
      お名前・ご住所・電話番号・人数をお知らせ下さい。
        TEL 080−3174−3584
        FAX 03−6551−1111
     詳細はこちらからどうぞ
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「みなさまお足元にはお気をつけてくださいな」

なんたって自慢じゃないけど、きままやのレギュラーお客様方の平均年齢は、
若い40代のT・M氏とT・Mさん(偶然にも同じイニシャル)が引下げた
としても(個人情報保護法に違反することをお許し頂くとして)67歳。
だから、きままや玄関の2プラス1=3段のコンクリート段が
『危うい』
先日も〇子さん(お名前は伏せるとして)が滑って階段1段踏み外し、弁慶
の泣き所を打ち、白いきれいなむこうずねをぷっくり腫らし青あざを作って
しまった。
 足
        階段 階段 階段
で、危険応急処置として、緑色養生テープを階段に張ってみた。
と、皆さん苦笑され評判悪こと悪いこと。笑う
「確かに目立つけど変!」
「きままやの店構えにマッチしないよ」
「だったらついでに手摺も付けたら?」等々アドバイス頂き早速CAINZ
に即行し、できるだけお金をかけずに『注意喚起』の方法を見つけてきたの
は外柵用すべり止めテープ。
兎に角貼ってみて評判悪かったらまた考えよう。
ついでにちっこい取っ手も付けて見ました(けど・・)。

皆さまお足元にはお気を付けあそばしてください。
       アサガオアサガオアサガオ
 今、きままや前にオーシャンブルーの朝顔が咲き続けています。
    オーシャンブルーはこんなアサガオ
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「痩せるには・・・」キママヤ・de・トーク

        おばさん
京子さん「先日散歩の折、向こうからくるどこかで見たことある女性、
     すれ違いによく見ると、なぁんだ、ご近所のKさん。
     すっかり痩せて変わって、見違えちゃった。
     体のために痩せなければと坂戸市Mクリニックの肥満外来
     に通って10キロ以上痩せたとのこと。聞くと
     『毎日食べたものをノートに書くだけ。
      横文字の物は絶対食べないこと』
  
     ケーキ・パン・バター・ジュース・ハンバーグ・アイス等
     全部ダメ。米・野菜・魚・(お菓子なら)饅頭ならOK?
     まだまだ頑張って痩せなきゃならないんですって」
        胃
あこさん「断食療法や胃や腸を切る方法など聞いたことあるけど、毎日
     の食事をノートに書き出すことで痩せられるならいいわねぇ」
        おばあさん
昭子さん「私の知人は、どうしても体のため痩せなくてはならないから
     と大学病院に入院して10キロ近く痩せたけど、退院したら
     リバウンドしてしまったわよ。それより顔がシワシワになっ
     てしまってびっくりしちゃった」
        腹 メジャー
憂子さん「私も痩せなくちゃ。秋の特定検診に行かなくてはと思ってる
     んだけど、その前に体重2キロ減らし、お腹の周りを2セン
     チでいいから引っ込めてから申込しようと考えてる。
     実りの秋はなんでも美味しいし、横文字食品食べちゃだめと
     は受診時期はいつになるやら」      
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

大至急「佐川国税庁長官の罷免と辞任を求めて」署名のご協力

佐川国税庁長官の罷免と辞任を求めて、大学教授や弁護士たちからなる
市民グループが、第2次署名運動を開始。
(主催:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会)
主催者が先月、繰り広げた第1次署名運動には1万706人が名を連ねた。
中には現役の税務署職員もいたほどだった。
テレビが報道したこともあって反響は大きかった。
「続けてほしい」という声が主催者に多数寄せられたため、今回の
「第2次署名運動」に。(田中龍作ジャーナル)


署名用紙は http://bit.ly/2ub1F8W から取り出せる。
郵送先は  〒134−0083
       江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
ネット署名は http://bit.ly/2uCtQkK

佐川罷免詳細はこちら


この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

佐久・依田農園の有機プルーンいかが?

坂戸市にお住いの依田彦三郎さんは元東大機械工学部の先生。
退官後はふるさと長野県佐久町に行ったり来たりで有機農法
農業や果樹栽培に勤しんでおられる。

        プルーン プルーン プルーン          
美味しい・安全・美容にいいプルーンいかがですか?

1箱(イチゴパック)×8=3000円 送料900円
 又は
 1箱(イチゴパック) 500円

9月19日に届きます。
ご注文の方大至急キママヤ迄お願いします。
 電話&fax 049−282−0495
 メール kimamaya650@yahoo.co.jp
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「10月の上映会会場変更のお知らせ」 坂戸映像クラブ住田勝さんより

さて、先日、「郷土史ビデオ上映会」のご案内の後、会場が
これまでの「オルモ」から「坂戸市文化会館」に変更され、
下記のとおりり訂正させていただきたく、よろしくお願いいたします。
 

 第14回坂戸市芸術文化祭
 郷土史ビデオ上映会
 市内の伝統行事、風物、ドキュメンタリー作品などを上映
   11月19日(日) 
    1回目 10時〜12時
    2回目 13時〜15時
    会場 坂戸文化会館「ふれあ」1階多目的室
    主催 坂戸郷土史研究会
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「山尾志桜里サン問題」きままや・de・トーク

        本 女性
A子さん「今回の『週刊文春』での不倫スクープ騒動はどう思う?」
B子さん「彼女の記者会見によると『男女の関係はない』なんて言ってた
     けど、本当にないなら『仕事の相談相手』とかなんとか堂々言
     いきればいいじゃないネ」
C子さん「大体脇が甘いよ」
みなさん「そうだよね〜」
C子さん「美人だし舌鋒するどく自民党を攻めてたてていたから、いつ狙
     われるか分からない立場を自覚してなきゃ〜ね」
B子さん「もし本当に好きになってしまった相手なら、この際大っぴらに
     開き直ってしまったらいいのに。ところで相手はイケメン?」
D子さん「ぜ〜んぜん」
C子さん「ひげなんか生やして気持ち悪い」
B子さん「記者会見で謝罪するなら個人的な問題だから『党にご迷惑を』
     より、双方の家族にすべきじゃないのかな?」
A子さん「お金の使い込みじゃないんだし、個人的問題なんだからテレビ
     で1日中話題にする件じゃないでしょ」
みなさん「そうだ!そうだ!」
A子さん「でもね、7月の横浜市長選では現職の林文子の応援を自民党と
     一緒に宣伝カーに乗ってやってた時『変な女』と思ったよ。
     その時の相手方の争点の『横浜市の公立中学校に学校給食を』
     か林文子の『カジノ誘致』かだったよね。志桜里サンは給食
     誘致派を負かしたのに加担したんだから、私、忘れない」
みなさん「と言うことは働いているお母さんの味方じゃないんだ」
D子さん「加計問題の目をそらすための格好のいい餌」
みなさん「そうだ、そうだ!」
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

坂戸映像クラブ住田勝さんより「10月の上映会のご案内」

「きままや交流日記」にご紹介ありがとうございました。
毎年、10月に「坂戸市芸術文化祭」が開かれ、坂戸郷土史研究会映像部員
として、北坂戸駅前の「オルモ」3階ホールでビデオ上映会を開きます。

上映作品は、決まっておりませんが・・・
・「一葉の師・中島歌子 ふるさとに」
・「神楽の里の晴れ舞台」
・「坂戸の四季 音風景」
など、9作品程度を上映の予定でおります。
拙い作品ですが、お時間がございましたらご鑑賞くださいませ。
     映画 映画
住田さんは綿密な下調べのもと丁寧なビデオ取材をされた後、脚本も
ナレーションもBGM音楽など音入れも、ご自分でされています。
優しい穏やかなお人柄のにじむ作品を是非ご覧にいらしてください。
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「坂戸映像クラブ住田勝さんご紹介」原爆絵画展実行委員Iさん

8月27日オルモでの映画「太陽の蓋」上映に際し、映写及び機器等拝借全般
は『坂戸映像クラブ』事務局長住田勝さんにお願いすることができ成功裏に収
めることが出来ました。有難うございました。

住田勝さんから頂いたお葉書
『9月に入り、ようやく残暑が和らいだ?感がします。
 先日27日の「太陽の蓋」の上映会で、実行委員の皆様のご協力により、
 無事、上映機器の操作を終えることができました。ありがとうございました。
 普段の上映会と違って、有料でご入場のお客様でしたのでプロジェクターの
 故障に備え、予備のプロジェクターを用意しましたが、幸いにもその出番が
 なくほっと胸をなでおろしたところです。 (後略)』


映画上映会に予備の機器をご準備されたことは一同知りませんでした。
濃やかなご配慮に頭が下がります。感謝申し上げます。
          ビデオ ビデオ
住田勝さんは坂戸・鶴ヶ島市の行事や催しに際しても常にビデオを持参され
沢山の記録を撮り残して下さっています。
 
  「坂戸よさこい祭りは」こちら
  「雨乞いの祈り〜脚折雨乞行事〜はこちら
又数々のコンテストにも入賞され、昨年、第49回東京アマチュア映像祭
ではグランプリ授賞に輝かれました。
益々のご活躍楽しみ。

   住田さん授賞写真はこちら
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
このページは111ページ中の1ページ目です。>>
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.