トップページへ戻る
きままや・営業カレンダー   メニュー   グループ紹介   交流日記   アクセス   お問い合わせ

きままや交流日記

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
交流日記トップ  きままやにおいでいただく皆様との交流を記しています。

きままや楽しい憲法塾第13回「教職員をめぐる労働問題」ご案内・松本先生より

        ノート 鉛筆
          
第13回・きままや憲法講座塾『今こそ学ぼう・日本国憲法』        
     テーマ  「教職員をめぐる労働問題」
     日 時  7月24日 月曜日 午後1時半〜
     参加費  500円(茶菓付)
     講 師  松本義之 先生(日本教育法学会会員) 


        学校 男
 「おはようございます」

 「先生、歩くの速いですね」
 3年生の男子が声を掛けてくれました。
 授業のこと、クラスのことなどを話しながら
 学校までの道のりを楽しみました。
 電車通勤というのはいいものですね       
         鉛筆
 第13回憲法講座は「教職員をめぐる労働問題」です
 前回「私たちはどんな条件で働くのか〜労働基準法を学ぶ〜」で
 働くルールを確認しました。

 労働基準法の示すルールは各職場で守るべき最低の基準なのですが、

 現実の社会ではそんなルールはどこ吹く風・・・・いうことを改めて
 確認せざるを得ませんでした。

 ところで、教員は労働基準法の一部を適用除外されています。
 それが今日の長時間労働の原因になっているとも言われています。

 ブラック部活など教員の長時間労働が取り上げられることが多くなりました。
 実は学校は無法状態といってもいい状況にあります。

 今回は教員の働き方について考えてみたいと思います。   
                  松本義之

         ノート
松本先生が楽しく分かり易く読み解く憲法講座。
こういう時代だからこそ学んでみませんか。 
どなたでも自由にご参加下さい。
お待ちしてます
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

インフォメーション・いろいろ

☆『ジャーナリズムを私たちの手に』 
 早稲田大学を拠点・あなたが支えるニュース組織誕生
   創刊特集「買われた記事」
    製薬会社、電通、共同通信で動いていたカネの実態を暴露
    「患者はそれを知らなかった」
   詳細はこちら「ワセダクロニクル」をどうぞ

         風車 風車
原発ゼロ・自然エネルギー推進を志す『原自連』にご参加ください。
  世界の潮流は脱原発 
    太陽光発電+風力発電で原発設備容量の2倍を超えた!
    世界の太陽光発電はコスト低下&市場拡大へ
   会長 吉原毅(城南信用金庫)
   顧問 小泉純一郎・細川護熙   
   詳細はこちら「原自連」をどうぞ

          電気 電気
☆ 『もう原発やめよう!』    
 「共謀罪施行抗議!安倍内閣退陣!」
   7月〜8月の学習会・デモ案内等
   詳細はこちら「タンポポ社」をどうぞ 
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「坂戸市情報掲示板にポスター」(続き)・坂戸・鶴ヶ島原爆絵画展実行委員Yさん

(前ページのつづき)
15日土曜、午後5時
坂戸市M町坂戸市情報掲示板に原爆絵画展のポスターを掲示依頼すべく、
自治会長F・E氏宅訪問。

すでに、9日朝のポスタ−掲示にクレームをつけたラジオ体操をしていた
住民から連絡は入っていたようで、
F氏曰く、
「市の承認があれば貼っていいんですよ。
 こちらで貼りますから、預かります。
 ただ、貼ってある他の掲示物を剥がして貼ろうとしたので文句を言った住民がいた」
との事。

『他のポスターを剥がして迄貼るナンテ事する訳ありませんよ』

たかが、掲示板にポスター1枚貼る作業に不愉快なこと甚だしい。

こんな不愉快な監視社会がすぐ身近にあるのを実感!
それとも私の思い込みが間違っているんだとしたらほっとしますがね。
まったく不愉快、不愉快。
          怒る 怒る 怒る
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「坂戸市情報掲示板にポスター不可?」坂戸・鶴ヶ島原爆絵画展実行委員Yさん

今夏もお届けします『ヒロシマ市民の描いた原爆絵画展』。
今年も坂戸市の後援を頂き、ポスターを北坂戸地区公園の市公営掲示板に
貼りに行った。


【9日朝6時半】
坂戸市M町T公園で貼っていると、ラジオ体操をしていた住民男女数人が
つかつかと飛んできて、
「町内会の許可を得て貼ってのか?」と詰問される。

「毎年坂戸市の後援を頂き、今年で25年になるヒロシマ市民の描いた絵画展です。
 ポスターに、坂戸市の承認印を頂いてます」
 広報にもご案内が載ります」

「ここの町内会の掲示板は勝手に貼っちゃいけないんだよ。
 掲示板に貼ってある『担当者』の許可がないとダメなんだよ」


「毎年貼らせていただき、終わったら外してますけど」

「とにかくそこの連絡先の許可を取らなきゃだめだ!」とえらい剣幕。

掲示板上部に貼ってあったのは

 『掲示板を利用する際には、必ず町内会に連絡して下さい。
  会  長 F・E(番地)または
  事務局長 G・K(番地)
 *連絡な無き掲示物は撤去いたします。  M町内会


というわけでいったん貼ったのを、剥がしてきた。

「坂戸市ではポスターを張るのにいつから自治会『検閲?』制になったの?」
「M町だけなのか?他の地域は?」
「地図があるわけではないので掲示されている連絡先担当者の家が不明。
 電話番号は掲示されていない。
 探していく?
 誰かに聞く?」

14日、坂戸市全域の掲示板に関して『広報広聴課/広報広聴担当』に確認に行く。
 担当者の方はきちんと話を聞いて、
  「ポスターの承認印は、『許可』という意味ではないんです。
   公営掲示板運営は、地域の自治会に任せてある。
   掲示に関し、うるさい条件を掲示している分、
   きちんとした自治会運営をしているとも言えるかも」
 と、連絡先F宅を地図上で探してくれた。

15日、I宅を訪ね了解を得る。(予定)
16日朝6時半 再度ラジオ体操で住民の集まっている中貼ってくる(予定)。

気が付けば、『面倒で煩雑な手順』を増やし、
平和だと思って住んでいる地域から
少しずつ自由が失われていく『不自由な現実』に
ギョッとさせられたのだった。


          絵 絵 絵
原爆絵画展チラシはこちら(武井誠さんディリーレポート)
坂戸・鶴ヶ島原爆絵画展ホームはこちら(武井誠さんディリーレポート)

今夏特別企画・映画上映『太陽の蓋』
  被爆72年、第25回ヒロシマ市民の描いた 
 原爆絵画展
   日時:2017年8月26日(土) am11時〜pm7時
           8月27日(日) am9時半〜pm6時
   場所:坂戸市文化施設オルモ(北坂戸駅東口前)
   入場無料

        映画 太陽 映画 

  映画『太陽の蓋』上映会
   「史上最悪の危機」を迎えた日、
   官邸内で何が起きていたのか。
   当時の官僚たちが実名で登場する究極の
   ジャーナリステック・エンターテインメイト
  
   映画『太陽の蓋』はこちらからどうぞ
   
  8月27日(日) 13時開場 13時半開演
   チケット 一般 800円(当日1000円)
        大学生・高校生・障がい者・介助者500円
        中学生以下 無料     
    きままやまでどうぞ ☎049−282−0495 
   主催 原爆絵画展坂戸・鶴ヶ島実行委員会  
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「ピコ太郎のSDGsソング」

12日朝日新聞2面「ひと」で紹介のピコ太郎さん

          黄色 黄色 黄色
軽快なリズムに乗り、ステップを踏みながら歌う
「PPAPペンパイナップルアッポーペン」を昨年ネットで
公開後、今や世界中で知られる存在。

今月7日新たに投稿した替え歌のテーマは
「SDGs=Sustainable deveiopment Goals」
2030年が期限の「国連の持続可能な開発目標」

外務省の職員の熱意に押され宣伝を引き受けたとの事。

貧困の撲滅、
安全な水とトイレの確保、
世界中で広がる格差の是正・・。

「どんどんまねして動画を投稿してほしい」とのこと。

ピコ太郎のSDGs動画はこちら
 
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「種から育てる『蓮』と『朝顔』に挑戦して・・・」・きままや

          家
20年前に建てた”小さな木の店”『きままや』は、秋田の杉材と漆喰壁の
ちょいと気になる店構え。(と自負してるんですが
ところが店の正面基礎部分は、(予算がなかったので)一番安価なブロック
3段積んでセメント張りと少々殺風景。
で、
前を通る方々の目を惹くべく、グッドセンスの知人にガーデニングをお願い
し、3年間程、四季折々の草花で華やかさを楽しんできた。
          ガーデニング
が、
ガーデニングは、年に3回は全とっかえし植え直さねばならず、ゴミ問題に
拘る『きままや』としては「脛に傷持つ身」のようにオオイバリできない負
の部分を感じ始めお断り。(実は、正直なところは赤字経営で予算が取れな
くなったことと花芽を摘む面倒くささにギブアップ
)。
と、
植栽を趣味で丹精されている方がヘルプに、自宅の植木や草花の鉢を次から
次へと届けて下さり、ご厚意に甘え、店前が緑でにぎやかになっていった。
          植木 植木 
あれから数年、
今・現在は「なんでも屋」のごとく無節操にあれもこれもと統一性ない鉢が
置いてある。
まったく、一度も花を咲かせないフジ。
フリーマーケットで買った情けない感じのバラ。バラ
開店以来正面に鎮座していたヒイラギは、尖っていた葉も丸くなり、今冬遂
に朽ちたので、後任は高さが同じ、店内目隠し用ヒノキの鉢植えを抜擢。

          ハス アサガオ
で今春、生協のチラシを眺めていたら目にした『ハスを種から育ててみよう』
と『西洋あさがおへブンリーブルー』の写真。突然チャレンジ精神に目覚め
購入。
あれから2か月、朝顔は、種80%の確率で発芽、元気にツルを出してきた。
ところでハスは、種2粒うまく発芽し葉も出て、水盤に植え付けしたまでは
成功。友人からの染付陶器のスイレン鉢に植え付ける。
あれから1週間、なぜか菜っ葉が黒く変色元気なし。見ると小さな生き物が。
水も臭い。ナンダ、ナンダ!ボウフラじゃないか。
メダカを飼えば大丈夫なのかな?とも考えてみたが結局、失敗。あ〜あ。
          
というわけでお楽しみは「ヘブンリーブルー」アサガオ。
説明写真では、8月末から開花し10月まで見事なブルーの大輪の花が咲く
らしいのですが・・・。     アサガオ
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

ご案内『い・ろ・い・ろ』

☆7月15日(土) 13時〜17時
  忘れてはいけない 許してはいけない
 
 映画 『奪われた村』避難5年目の飯館村民
  対談  河合かおりさん、吉田千亜さん
  場所 ふじみ野サービスセンター 多目的ホール
  資料代 500円
  主催 埼玉市民行動・東上沿線の会
  問合せ 090(7949)9351

          人人人

☆7月15日(土) 14時〜
  『7・15女性の力で政治は変えられる!』
  場所 久喜総合文化センター小ホール    
  第1部 歌  平和を歌う ジャスティスさん
         沖縄を歌う 玉城 さゆきさん
  第2部 講演「女性の力で政治は変えられる」
         福島瑞穂 さん
   
  主催 7.15女性の力で政治は変えられる!集会実行委員会
  問合せ 池田まさよ 080(5089)7344
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

ご存知?「都民ファースト代表野田数は『大日本帝国憲法復活』論者」・憂子さん

2日の都議選で自民党大敗はウチら埼玉県民でも拍手喝采したが、
ひとり勝ちの「都民ファースト」には要注意していかなくては
ならない。
小池百合子が都知事に専念するから再び「都民ファースト」代表
になった野田数は
『日本国憲法『国民主権』は「傲慢な思想で直ちに放棄すべき」と
主張してきた極右の人物なのだ。


野田数はこんな人物こちらから

野田氏は「東京維新の会」時代の2012年10月に
『「日本国憲法」(占領憲法)と「皇室典範」(占領典範)に関する請願』を
都議会に提出している。
これは現行憲法を無効として戦前の大日本帝国憲法の復活を求めるという請願だ。

「国民主権」を「傲慢な思想」と断じて「直ちに放棄」すべきという主張にとは、
憲法改正を目指す勢力も膝を打つに違いない。この請願は反対多数で採択を免れ、
維新の会の橋本代表にも「ありえない」と不快感を示され、連携も停止となった。
(デイリー新潮による)


          女性 女性
ということは野田数を代表にした小池百合子も当然同じ思想の持ち主?
当選後バラ色の笑顔でインタビューに応じていた「チルドレン」たちも
当然了解していたんでしょうよね。
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

今は『戦前』か?『政府広報「弾道ミサイル落下時の行動」』・憂子さん

アベの顔を見たくない、声も聴きたくないからと
地上波テレビを見ないでいたら、
エライ大変なCMが始まっていたんですね。
ご存知でしたか?

 政府広報テレビ篇はこちら
 政府広報はこちら

          テレビ 新聞
23日、全国の民放43局で「弾道ミサイル落下時の行動」の政府広報
CMが始まり、新聞の朝刊各紙にも「Jアラートで緊急情報が流れたら、
慌てずに行動を。」と題された広告が掲載された。

確かに23日の朝刊に載っている。
(朝日新聞9面下1/3政府広報) 
 Jアラートで緊急情報が流れたら、慌てずに行動を
      パソコン パソコン
(6月25日・日刊ゲンダイDIGITAL によると)
 やっと静かになった北朝鮮のミサイル危機をあらためて国民に
 あおってどうするのか。
 しかも、内容は「屋内や地下へ避難」「物陰に隠れる」などトンチンカン。
 ミサイルがどの方向から飛んでくるのか分からないのに「物陰」をどう
 判断するのか。
 相変わらず「竹やりでB―29を撃墜」の発想だ。

 こんなバカバカしいCM・広告に一体いくらの税金を投じたのか。
 内閣府に問い合わせると、担当者はこう答えた。
  CM制作費と放映費で1億4000万円、
  新聞広告で1億4000万円、
  ウェブ広告で8000万円

 4億円近いカネをドブに捨てたようなもの。
 そもそもなぜ、このタイミングでCM・広告を打つ必要があるのか。
 森友・加計学園問題で内閣支持率の低下が著しい安倍政権が
 “メディア買収”に動いたとしか思えない。

「政府がミサイル発射時の避難CMや広告を打ち始めたのは、世論を誘導し
 国家予算を軍需産業に割く口実をつくるため。隣国の脅威をあおることで、
 政府には自衛隊装備を強化する口実ができますから」
  (メディア関係に詳しいジャーナリストの黒薮哲哉氏)
 メディア買収か自衛隊装備強化のためか。
 いずれにしても国民の大事な血税が浪費されたのは間違いない。


          びっくり びっくり びっくり
日本は、本当に今は『戦前』になってしまったんだ。
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。

「なるほど・ザ・『戦後』」  憂子さん

6月29日朝日新聞17面『論壇時評』歴史社会学者小熊英二氏の
「右派の改憲 今なぜ『反体制』なのか」より抜粋。

          日本

「戦後」とは何だろう。
日本以外の国では敗戦直後の10年程をさす言葉。日本でも敗戦から
約10年の1956年に「もはや『戦後』ではない」という言葉が広
まった。ところが、「戦後X年」といった言葉は今でも使われている。
   
それはなぜか。
「戦後X年」とは「『日本国』建国X年」の代用なのだ。

現在の国家には、第2次大戦後に建国されたものが多い。中華人民共和国、
インド共和国、ドイツ連邦共和国、イタリア共和国などは大戦後に「建国」
された体制だ。これらの国々では体制変更から数え「建国X年」を記念する。

日本でも大戦後、「大日本帝国」が滅んで「日本国」が建国されたと言え
るほどの体制変更があった。だが、その体制変更から数えて「『日本国』
建国X年」と呼ぶことを政府はしなかった。

しかし「建国」に相当するほどの体制変更があったことは疑えない。それ
なのにその時代区分を表す言葉がない。そのため自然発生的に「建国X年」
に代えて「戦後X年」と言うようになった。だから戦争から何年たっても、
「日本国」が続く限り「戦後」と呼ばれるのだ。

では、どうなったら「戦後」が終わるのか。
それは「日本国」が終わる時だ。

戦後憲法体制は、国民主権・基本的人権の尊重・平和主義を三大原則と
している。それを変えるほどの体制変更があれば、体制としての「日本国」
は終わり「戦後」も終わる。
例えば天皇主権、言論・出版の制限、平和主義の放棄などを改憲によって
国家原則にすれば、「日本国」と「戦後」は終わるだろう。
(後略)
          日本  
自民党1強政治の続く中、憲法改正を謳うアベの強い思い入れで今はもはや
日本は『戦前』だと危惧する、戦争を体験した先輩たちは言う。

都議選の応援演説でアベは「政権の支持率が多い若年層が多くいる」と自信
たっぷりで、のたまっているようだが、その若者たちの将来に夢を託せない
社会にしていいのか。少々景気が上向き、賃金が上がった、就職率がよくな
ったといって目先の事ばかりで将来の、老後の夢は描けているのだろうか。

若者たちにとっても永久に「戦後X年」が続くことを願うばかりだが、さて
今回の都議選結果如何で、日本の未来そのものの危うい瀬戸際にきていると
思える。
都民だけの問題でなく、日本中が関心を寄せざるを得ない選挙結果となろう。
この記事のみを表示し前後に移動します。
交流日記への感想・ご意見はこちらからお送りください。
このページは109ページ中の1ページ目です。>>
7・18「アベ政治を許さない」atきままや
7・18「アベ政治を許さない」atきままや写真
記事はこちらです。
「アベ政治を許さない」
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア
Copyright (C) コミュニティカフェ・きままや All Rights Reserved.